VIDEO/LISTEN

Peter Lönnqvist: "Suite Commedia" for piano (2017/19)
06:57
ITARU OGAWA

Peter Lönnqvist: "Suite Commedia" for piano (2017/19)

ペーテル・ルンクヴィスト:コメディア組曲 (2017/19) Peter Lönnqvist: "Suite Commedia" for piano (2017/19) ピアノ:小川至 Piano: Itaru Ogawa 0:00 No. 1: ピエロ Pierrot (2017) 2:37 No. 2: コロンビーナ Colombina (2017) 4:56 No. 3: ハーレクイン Harlequin (2019) ペーテル・ルンクヴィスト (1965- ) ペーテル・ルンクヴィストはフィンランドのピアニストである。演奏活動の傍ら、ピアノのための教育・作曲・編曲も行っている。シベリウス音楽院にて、1990年に修士の学位を得て卒業。その後、パリとミュンヘンにて研鑽を積む。ソリスト・アンサンブル奏者として、フィンランドをはじめ、ドイツ、ポーランド、エストニア、ロシア、そして日本において、国際的な演奏活動を展開している。現在、ラハティ・コンセルヴァトリーにて教鞭を執る。  「コメディア組曲」はイタリア発祥の喜劇であるコメディア・デラルテから着想を得た作品であり、それぞれの性格を持った役柄(ストック・キャラクター)を曲名とした3曲で構成されている。  第1番「ピエロ」は、夢想家で、繊細な性格を持つ。その純粋さのために、しばしば愚かな行為を重ねてしまう。本作品では、ピエロの持つ不気味で暴力的な性格を強く押し出している。  第2番「コロンビーナ」は無学ながら生まれ持った知恵を持っており、しばしばその身体的魅力で周囲を惹き付ける。この作品ではそうしたロマンティックな性質が、Langoureux(悩ましげに)の指示とともに表されている。なお本作は「ルイス・パスクエ※のオマージュ」との副題も持っている。  第3番「ハーレクイン」は軽業師・道化師である。しばしば詐欺師として表されるが、その心までが非道ではないとされる。フランスではアルルカン、イタリアではアルレッキーノとも呼ばれている。本作品はピアニストの小川至に献呈された。 (※ルイス・パスクエ (1917-2013):ウルグアイで生まれ、1974年よりフィンランド国籍を得た作曲家。タンゴの大家として愛されていた。) Peter Lönnqvist (1965- ) Peter Lönnqvist is a Finnish pianist, who has devoted his time between teaching, composing and arranging music for the piano. He graduated from the Sibelius Academy of Music with a master's degree in 1990. He subsequently studied in Paris and Munich. He has performed internationally as a soloist and ensemble player in Finland, Germany, Poland, Estonia, Japan and Russia. He currently teaches at the Lahti Conservatory.  "Suite Commedia" are inspired by the Italian comedy "Commedia dell'arte" and consist of three pieces, each named after a stock character.  'Pierrot' is a dreamer, with a sensitive character. Due to his purity, he often commits a series of foolish acts. In this piece, the eerie and violent character of the Pierrot is strongly emphasised.  'Colombina' is uneducated but possesses innate wisdom and often attracts others with her physical charm. Such romantic qualities are expressed in this work with the instruction Langoureux (annoyingly). The work also has the subtitle 'Hommage á Louis Pasquet'*.  'Harlequin' is a lightweight and clown. Often represented as an impostor, but not outrageous to his heart. He is also known as Arlequin in France and Arlecchino in Italy. This work was dedicated to the pianist Itaru Ogawa. (*Luis Pasquet (1917-2013): born in Uruguay, composer who became a Finnish citizen in 1974. He was a much-loved tango master).
Helvi Leiviskä: Sonatine for piano in F major, Op. 14 (1939)
04:25
ITARU OGAWA

Helvi Leiviskä: Sonatine for piano in F major, Op. 14 (1939)

ヘルヴィ・レイヴィスカ:ソナチネ ヘ長調 作品14 (1939) Helvi Leiviskä: Sonatine for piano in F major, Op. 14 (1939) ピアノ:小川至 Piano: Itaru Ogawa 0:00 1mvt: Con moto 1:33 2mvt: Andante cantebile 3:10 3mvt: Allegretto scherzando ヘルヴィ・レイヴィスカ (1902-1982) ヘルヴィ・レイヴィスカはフィンランドの作曲家である。牧師の父の元、7人兄弟の長女として首都ヘルシンキに生まれた。16歳の時に父を亡くし、一家はボスニア湾に面するフィンランド中西部の町、コッコラに居を移すが、1919年には再びヘルシンキに戻り、ヘルシンキ音楽学校(現在のシベリウス音楽院)にて勉強を始めた。学校では、インゲボリ・ヒューマンダー、イルマリ・ハンニカイネン、エルンスト・リンコらにピアノを、作曲をエルッキ・メラルティンに学んだ。とりわけメラルティンは彼女に大きな影響を与えており、様々な場面において彼女の成長やキャリアを支えていた。後にヘルヴィはフィンランドにおける神智学を信奉する組織、ルース・リスティ協会に籍を置くが、これも恐らくこの師の影響によるものであろう。音楽学校を卒業後、1928年から1年間、ウィーンにて作曲をアルトゥール・ヴィルナーに学び、帰国後もレーヴィ・マデトヤとレオ・フンテクに個人的に教えを受けていた。  その後は作曲活動のかたわら、1933年から1968年までシベリウス・アカデミーで図書館員や音楽司書として働き、1957年から1961年まで音楽評論家として活躍し、音楽、宗教、芸術に関するエッセイを執筆して生計を立てていた。1982年8月12日、ヘルシンキにて心臓発作により80歳でこの世を去った。  レイヴィスカは3つの交響曲だけでなく、3つの管弦楽組曲、ピアノ協奏曲、独唱曲、映画「ユハ」の音楽などを作曲した。その音楽は、初期における後期ロマン派の華やかさから、よりポリフォニックで直線的なアプローチへと変化している。このような発展は、3つの交響曲で見ることができ、最後の交響曲は最も自由な調性を持っています。とりわけ70歳の時に完成した交響曲第3番は、最も自由な調性感覚を持った作品と言えるだろう。 Helvi Leiviska (1902-1982) Helvi Leiviska was a Finnish composer. She was born in Helsinki, the eldest of seven children of her father, a pastor. Her father died when she was 16, and the family moved to Kokkola, a town in central Finland on the Gulf of Bothnia, but in 1919 she returned to Helsinki and began her studies at the Helsinki Music Institute (now the Sibelius Academy). At the institute, she studied piano with Ingeborg Hymander, Ilmari Hannikainen, and Ernst Linko, and composition with Erkki Mellartin. Among other things, Melartin had a great influence on her and supported her development and career in various aspects. Later, Helvi became a member of the Ruusu-Risti Society, an organization in Finland that espoused theosophy, probably due to the influence of Melartin. After graduating from Helsinki Music Institute, Helvi spent a year in Vienna in 1928 studying composition with Arthur Willner, and after returning to Finland, she continued to study privately with Leevi Madetoja and Leo Huntek.  While composing, she worked as a librarian and music librarian at the Sibelius Academy from 1933 to 1968, and as a music critic from 1957 to 1961, writing essays on music, religion, and art for a living. She died of a heart attack on August 12, 1982 in Helsinki at the age of 80.  In addition to his three symphonies, Leiviska composed three orchestral suites, a piano concerto, various solo pieces, and music for the film "Juha". Her music has shifted from the elegance of late Romanticism in her early years to a more polyphonic and linear approach. This development can be seen in his three symphonies, the last of which is the most free in tonality. In particular, the Third Symphony, completed when she was 70 years old, is the work with the freest sense of tonality. Publisher: Fennica Gehrman https://webshop.fennicagehrman.fi/page/product/suomalaista-toiveohjelmistoa-pianolle-2/1787129
徳山 美奈子:「Fin et début(終わりと始まり)」 杉浦 菜々子&小川 至(ピアノ) / Nanako Sugiura & Itaru Ogawa, piano
07:55
ピティナ ピアノチャンネル PTNA

徳山 美奈子:「Fin et début(終わりと始まり)」 杉浦 菜々子&小川 至(ピアノ) / Nanako Sugiura & Itaru Ogawa, piano

徳山 美奈子 : Tokuyama, Minako https://enc.piano.or.jp/persons/894 Fin et début(終わりと始まり) : Fin et début pf.杉浦 菜々子:Sugiura, Nanako pf.小川 至:Ogawa, Itaru ■ 徳山 美奈子/Fin et début(終わりと始まり) ◇ピティナ ピアノ曲事典 https://enc.piano.or.jp/musics/74543 ◇演奏者情報について https://enc.piano.or.jp/persons/6296 pf.杉浦 菜々子 https://enc.piano.or.jp/persons/6941 pf.小川 至 ■ Tokuyama, Minako/Fin et début ◇PTNA Piano Encyclopedia https://enc.piano.or.jp/musics/74543 ◇About PERFORMERs https://enc.piano.or.jp/persons/6296 pf.Sugiura, Nanako https://enc.piano.or.jp/persons/6941 pf.Ogawa, Itaru /*----------++ 本動画は、全日本ピアノ指導者協会ならびに当協会協力者による無償音源提供によって配信されています。本動画を学会・講演会・論文・研究レポートその他公的な目的で使用する際は、必ず演奏者名ならびにPTNA『ピアノ曲事典』より転載/参照した旨を明記して下さい。また、転載した旨を下記アドレスまでご一報下さい。enc@piano.or.jp(ピティナ・ピアノ曲事典担当) This video is distributed thanks to the recordings offered by the Piano Teachers’ National Association (PTNA) and by our collaborators. If you would like to use this video in any public occasion, such as symposium, lecture, thesis, dissertation, and research paper, etc., it is necessary to give the name of performers by citing the ‘PTNA Piano Encyclopedia’. For all public use of this video, please inform us of it by email: enc@piano.or.jp (person in charge of Piano Encyclopedia) Ce film est diffusé grâce à l’offre volontaire des enregistrements fournis par la Piano Teachers’ National Association (PTNA) et ses collaborateurs. Si vous l’utilisez, dans quelque occasion publique, que ce soit pour: une présentation de colloque, de conférence, un mémoire, une thèse ou encore un rapport de recherche, etc., il est nécessaire d’indiquer le nom des interprètes en citant explicitement la PTNA Piano Encyclopedia. Pour toute réutilisation de ce film, veuillez nous en informer par courriel au préalable: enc@piano.or.jp (responsable de PTNA Piano Encyclopedia) Dieses Video ist dank der Aufnahmen von die Piano Teachers’ National Association (PTNA) und unsrer Mitarbeiter verteilt. Wenn Sie dieses Video in jedem öffentlichen Anlass, z. B. Symposium, Vortrag, Dissertation und Forschungsarbeit, usw. benutzen wollen, ist es notwendig, den Namen der Spieler und die 'PTNA Piano Encyclopedia' aufzuschreiben. Für alle öffentliche Benutzung dieses Videos, informieren Sie es uns per E-Mail: enc@piano.or.jp (Person verantwortlich für die Piano Encyclopedia) Questo film è distribuito grazie alle registrazioni fornite dalla Piano Teachers' National Association (PTNA) e dai suoi collaboratori volontari. Se voi volete utilizzarlo, in qualunque occasione pubblica, ad esempi: rappresentazione di convegno, conferenza, o tesi stampata sia accademica che didattica, etc., è necessario indicare il nome di interprete citando esplicitamente la PTNA Piano Encyclopedia. Per tutte riutilizzazioni di questo film, vi preghiamo di informarcene per email: enc@piano.or.jp (persona incaricata di PTNA Piano Encyclopedia). ++----------------------------*/ ◇PTNA Web Site | ピティナ・ピアノホームページ http://www.piano.or.jp/
Jean Sibelius: 5 Piano Pieces (The Trees), Op. 75 (1914)
10:35
ITARU OGAWA

Jean Sibelius: 5 Piano Pieces (The Trees), Op. 75 (1914)

シベリウス:「5つのピアノ小品(樹の組曲)」作品75 (1914) ―シベリウス全集版に基づく Sibelius: 5 Piano Pieces (The Trees), Op. 75 (1914) ―Based on the Edition ”Jean Sibelius Complete Works" ピアノ:小川至 Piano: Itaru Ogawa 0:00 No.1 ピヒラヤの花咲くとき - When the Roan-tree Flower 1:41 No.2 孤独な松の木 - The Solitary Fir Tree 4:00 No.3 ポプラ - The Aspen 6:22 No.4 白樺 - The Birch Tree 7:55 No.5 樅の木 - The Spruce 「樹の組曲」について  1914年5月、50歳を手前にしたシベリウスは、人生初のアメリカにおいて、自身の交響詩「オセアニデス」初演で大きな成功を収めていた。加えてイェール大学とヘルシンキ大学から名誉教授号を与えられるなど、大きな成果を噛み締めていたシベリウスだったが、同年勃発した第1次世界大戦の影響により、彼の国外における演奏活動や出版は大幅に制限され、結果として厳しい経済的危機を迎えることとなった。こうした状況の中、シベリウスは国内の出版社に多くのピアノ作品や器楽のための小品を売ることで収入を得ることとなる。  この「樹の組曲」もそうした中で生まれた小品集であるが、1914年に全て作曲されたものの、戦争の混乱の中、出版されることのないまま様々な出版社のあいだを渡り歩いていった。最終的に第1番は1921年にイギリスのアウグナー社から、第2番から第4番は1921年にイギリスのチェスター社から出版されることとなった。そして第5番は1922年にデンマークのヴィルヘルム・ハンセン社から、改めて全5曲を刷り直した「第2版」の中に収められ、ようやく日の目を見るのである。その間、第5番は1919年に大幅に手を加えられており、初稿版とは大きく形を変えている。  現在日本で流通されている全音版の「樹の組曲」は、第1番と第5番が1922年出版のヴィルヘルム・ハンセン版のものであり、第2番から第4番は1921年出版のチェスター版が収録されている。これらの楽譜の多くはシベリウス自身の目を通っておらず、その表記に少なからぬ間違いが存在している。本演奏はそれらが再検討され、新たな原典版として2008年に刊行されたブライトコプフ社のシベリウス全集に基づいている。 ―小川至 About "The Trees"  In May 1914, at the age of almost 50, Sibelius wrote his symphonic poem "Oceanides", and the first performance of it was a great success in America. In addition, he was also awarded honorary professorships from Yale University and the University of Helsinki. However, due to the outbreak of World War I in the same year, Sibelius was unable to perform abroad. His activities and publishing were greatly restricted, resulting in a severe economic crisis. In these circumstances, Sibelius sold many piano works and small pieces for some instruments to Finnish publishers for earning money.  "The Spruce" was also born out of such motivation. Although it was all composed in 1914, it passed through various publishers without ever being published in the confusion of the war. Finally, No. 1 was published in 1921 by the British publisher Augener Ltd., and Nos. 2 to 4 were published in 1921 by the British publisher J. & W. Chester. In 1922, No. 5 was published by Wilhelm Hansen in Denmark in a new "Second Edition" of all five works.  "The Trees" published by Zen-on Music Publisher contains Edition Wilhelm Hansen of the No. 1 and No. 5, and J. & W. Chester of the Nos. 2~4. Many of these scores were not checked by Sibelius, and many of them contain notable errors in their notation. This performance is based on "Jean Sibelius Complete Works" published by Breitkopf & Härtel, which was published in 2008 as a new critical edition. ―Itaru Ogawa
Jean Sibelius: "The Spruce" (1914, earlier version)
02:21
ITARU OGAWA

Jean Sibelius: "The Spruce" (1914, earlier version)

シベリウス:「樅の木」(1914年、初稿)  ―「5つのピアノ小品(樹の組曲)」作品75から Jean Sibelius: "The Spruce" (1914, earlier version)  ―from "5 Piano Pieces", Op. 75 ピアノ:小川至 Piano: Itaru Ogawa 「樅の木」初稿について 1914年5月、50歳を手前にしたシベリウスは、人生初のアメリカにおいて、自身の交響詩「オセアニデス」初演で大きな成功を収めていた。加えてイェール大学とヘルシンキ大学から名誉教授号を与えられるなど、大きな成果を噛み締めていたシベリウスだったが、同年勃発した第1次世界大戦の影響により、彼の国外における演奏活動や出版は大幅に制限され、結果として厳しい経済的危機を迎えることとなった。こうした状況の中、シベリウスは国内の出版社に多くのピアノ作品や器楽のための小品を売ることで収入を得ることとなる。  この「樅の木」も、こうした動機の中生まれた作品である。本作品を含むピアノ曲集は、フィンランドの出版社、A.リンドグレーン社のために書いた作品であったが、戦争中の混乱のためか、これらが出版されることはなかった。  日の目を見ないまま、1919年、リンドグレーンが亡くなり、その経営権はフィンランドの出版社、R.E.ヴェスタールンド社に譲渡された。この版権の移行に際し、シベリウスは「樅の木」に大幅に手を加えたものを同年8月にヴェスタールンド社へ直接送ったが、ここでも出版されることはなかった。その後さらにその版権は1921年にデンマークのヴィルヘルム・ハンセン社に譲渡され、翌年の1922年についに出版されるに至った。これが現在広く演奏されている「樅の木」の現行版である。  最も大きな違いは調性である。初版は変ホ短調で書かれており、現行版はロ短調に変更されている。分散和音的な前奏と劇的な間奏が大きく付加されることで、大きな演奏効果を得ることとなった。結果として音楽はより華々しいものとなったが、こうして初版を改めて眺めてみると、野に佇む樅の木のもつ寂寥感がより一層深まるような思いもあり、また違った魅力も感じている。  初版・現行版は2008年に刊行されたブライトコプフ社のシベリウス全集、ピアノ編の2巻にどちらも収録されている。 ―小川至 About the earlier version of "The Spruce"  In May 1914, at the age of almost 50, Sibelius wrote his symphonic poem "Oceanides", and the first performance of it was a great success in America. In addition, he was also awarded honorary professorships from Yale University and the University of Helsinki. However, due to the outbreak of World War I in the same year, Sibelius was unable to perform abroad. His activities and publishing were greatly restricted, resulting in a severe economic crisis. In these circumstances, Sibelius sold many piano works and small pieces for some instruments to Finnish publishers for earning money.  "The Spruce" was also born out of this motivation. The piano collections including this piece were written for the Finnish publisher, A. Lindgren, but these were never published, perhaps because of the turmoil during the war.  They didn't saw the light of day, and in 1919, when Lindgren died, Lindgren's management rights were transferred to the Finnish publisher, R.E. Westerlund.  In this copyright transfer, Sibelius made significant changes to "The Spruce", and in August of the same year It was sent straight to R.E.Westerlund from Sibelius, but it was not published. Then it was finally published in 1922 from Edition Wilhelm Hansen. This is the "current version" of the widely performed "The Spruce".  The most significant difference is the tonality. The earlier version was written in E flat minor, while the current version is in B minor. The addition of a dramatic interlude and a introduction with arpeggio has resulted in a significant performance effect. As a result, the music is more spectacular, but looking at the earlier version again, the loneliness of the wild spruce seems to deepen, I also feel a different kind of attraction.  Both the earlier and current version was included in Volume 2 of Series V in the Jean Sibelius Complete Works, published by Breitkopf & Härtel in 2008. ―Itaru Ogawa
Kari Rydman: 8 Inventions for piano, Op. 62 (1978/2018)
11:58
ITARU OGAWA

Kari Rydman: 8 Inventions for piano, Op. 62 (1978/2018)

カリ・リュドマン:8つのインヴェンション (1978/2018) Kari: Rydman: 8 Inventions, Op. 62 (1978/2018) 0:00 No.1: ― 妖精たちの - ― Of fairies 1:40 No.2: ― 空飛ぶ生き物たちの - ― Of flying creatures 2:42 No.3: ― 鳴り響く鐘の - ― Of bell ringing 4:32 No.4: ― 異なる意見の - ― Of different opinions 5:46 No.5: ― 孤独の - ― Of loneliness 7:36 No.6: ― 古典派のインヴェンションの - ― Of classic inventions 8:27 No.7: ― 執拗なメロディーの - ― Of persistent melodies 10:03 No.8: ― 無意味な踊りの - ― Of pointless dancing ピアノ:小川至 Piano: Itaru Ogawa カリ・リュドマン (1936- ) カリ・リュドマンは1960年代のフィンランドにおいて、最も急進的な活動を展開した作曲家である。オーケストラや室内楽に加え、多数の合唱曲の作曲及び編曲、連作歌曲を書いており、歌手としては、リートやシャンソンといったジャンルの上で自作の歌曲の録音を残している。作曲家であることに加えて、教育活動、執筆活動、文化的な歴史をテーマにしたラジオ番組を幅広く放送するなどしている。1977年以来、彼はヴァルケアコスキに住んでいる。日本に対する造詣も深く、現在は短歌や俳句のスタイルによる詩作を書き、それらと写真などを組み合わせた創作活動も進めているとのこと。 Kari Rydman (1936- ) Kari Rydman, professor h.c., has written orchestra and chamber music, a large number of choral compositions and arrangements, song cycles, and as a singer he has recorded his own songs between the genres Lied and chanson. In addition to being a composer, he has taught, written books and press columns and made a wide range of radio programmes on the history of culture. Since 1977 he lives in Sääksmäki (Valkeakoski). Photo by Akane Ogawa 楽譜:エディション・ティリ Publisher: Edition Tilli https://www.editiontilli.fi/shop/cat/product_catalog.php?lang=en&c=641
Harri Vuori: "Mythological Suite" for piano (1979)
06:35
ITARU OGAWA

Harri Vuori: "Mythological Suite" for piano (1979)

ハッリ・ヴオリ:神話組曲 (1979) Harri Vuori: "Mythological Suite" for piano (1979) 0:00 No.1 リエッキオ Liekkiö 1:13 No.2 パラ Para 3:48 No.3 アヤッタロ Ajattaro ピアノ:小川至 Piano: Itaru Ogawa ハッリ・ヴオリ (1957- )  ハッリ・ヴオリは、シベリウス音楽院でパーヴォ・ヘイニネン、エーロ・ハメーンニエミ、エイノユハニ・ラウタヴァーラに作曲を師事し、1989年に卒業した。1997年よりヒュヴィンカー管弦楽団のレジデント・コンポーザーを務めており、また1993年よりヘルシンキ大学音楽学部で教鞭を執っている。  「神話組曲」はヴオリがまだ学生時代であった1979年、22歳の頃の作品であり、彼の作曲様式がよりモダンなものへと変わる移行期に書かれたものである。全3楽章で書かれたこの組曲は、「リエッキオ」「パラ」「アヤッタロ」と名付けられ、それぞれにフィンランドに伝わる神話が描かれている。  彼に伺ったところでは「かつて(そして今もだが)私は自分の国や他の国々の神話に非常に興味を持っていました。 自然は私にとって非常に特別な意味を持っています。 私の作品の根底には自然に基づく神話が横たわっています。私はフィンランドの森で多くの強力な(そして奇妙な)経験をしてきました。それらは私が音楽を作るうえで何かしらの助けになっていると思います」と答えてくれた。 Harri Vuori (1957- )  Harri Vuori (10 January 1957 in Lahti, Finland) studied composition with Paavo Heininen, Eero Hämeenniemi and Einojuhani Rautavaara at the Sibelius Academy and graduated in 1989. He has been composer in residence of the Hyvinkää Orchestra since 1997 and has taught in the Department of Musicology at the University of Helsinki since 1993.  The "Mythological Suite" was composed in 1979, when Vuori was still a student, at the age of 22, and his composition It was written during the transition to a more modern style. The suite that has three movements "Liekkiö", "Para" and "Ajattaro", is depicted a Finnish mythological creature.  He replied to me: "I was then (and still) very interested in the mythology of my own country, and the other countries, too. The nature also means something very special to me. I think that there is some nature mythic bottom in many of my pieces, f.ex. in "Kuu kolmessa ikkunassa (The Moon in Three Windows)" and in many orchestral pieces, too. I have had many powerful (and strange) experiences in Finnish forests. In some way they help me to make music, I think". Harri Vuori Website (Fennica Gehrman) https://www.fennicagehrman.fi/composers-works/vuori-harri/
Harri Wessman: Öista kävelyä (Nightly Stroll) (1982)
01:06
ITARU OGAWA

Harri Wessman: Öista kävelyä (Nightly Stroll) (1982)

ハッリ・ヴェスマン:夜の散歩 (1982) Harri Wessman: Öista kävelyä (Nightly Stroll) (1982) ピアノ:小川至 Piano: Itaru Ogawa ハッリ・ヴェスマン (1949- ) ハッリ・ヴェスマンはフィンランドのヘルシンキに1949年に生まれた。作曲家として、彼は旋律が持つ可能性を無視することなく、表現力のある音楽のあらゆる側面に興味を持っている。彼自身は自分の和声法を、対位法的に処理されたジャズのハーモニーのようなものだと表現している。ヴェスマンは、音楽の感情を表現する能力に特に関心を持っており、その興味から、バロック期の理論と音楽的修辞学を研究している。彼の作品は、室内楽や声楽作品、様々な楽器のための協奏曲が中心であり、初心者から若いプロの音楽家まで、新進気鋭の音楽家のためのレパートリーを作成することに重点を置いている。 Harri Wessman (1949- ) Harri Wessman was born in Helsinki, Finland, in 1949. As a composer he is interested in all aspects of music that may be expressive, without in any way ignoring the possibilities of melody. He himself describes his harmonic method as a kind of contrapuntally treated jazz harmony. Wessman is particularly preoccupied with the ability of music to express emotions, an interest which has led him to study the doctrine of the affections and the musical rhetoric of the Baroque era. His output is dominated by chamber and vocal music as well as a number of concertos for various instruments, with an emphasis on creating repertoire for budding musicians, from beginners to young professionals. Photo by Akane Ogawa
Leevi Madetoja: 4 Small Piano Pieces, Op. 31 (1915)
08:38
ITARU OGAWA

Leevi Madetoja: 4 Small Piano Pieces, Op. 31 (1915)

レーヴィ・マデトヤ:4つのピアノ小品 (1915) Leevi Madetoja: 4 Small Piano Pieces, Op. 31 (1915) 0:00 No.1: 羊飼いの夢 - Paimenen unelma 2:44 No.2: 前奏曲 - Prélude 3:49 No.3: 小さな物語 - Pieni satu 5:44 No.4: 昔の思い出 - Vanha muisto ピアノ:小川至 Piano: Itaru Ogawa レーヴィ・マデトヤ (1887-1947) マデトヤはシベリウス以降における最も重要なロマン主義的作曲家のひとりである。1906年から1910年にかけて、ヘルシンキ音楽学校(現在のシベリウス音楽院)にてアルマス・ヤルネフェルトやエーリク・フルーイェルムに師事した。また後半の2年間はシベリウスにも師事している。彼はまたパリやウィーンでも学んでおり、とりわけ前者の影響は多くの作品で見て取ることができるだろう。  彼の最も重要な作品は3つの交響曲、2つのオペラ《オストロボスニアの人々》と《ユハ》である。また合唱音楽においても大きな貢献を果たしている。 Leevi Madetoja (1887-1947) Madetoya was one of the most important post-Sibelius Romantic composers, and from 1906 to 1910 he studied at Helsinki Music Institute (now the Sibelius Conservatory) with Armas Järnefelt and Erik Furuhjelm. He also studied with Jean Sibelius for the last two years. He also studied in Paris and Vienna, and in particular the influence of the former can be seen in many of his works.  His most important works are three symphonies and two operas, "Pohjalaisia" and "Juha". He has also made a major contribution to choral music.
Juha T. Koskinen: Hoshi Mandara (2017-20)/No. 1-3
06:14
ITARU OGAWA

Juha T. Koskinen: Hoshi Mandara (2017-20)/No. 1-3

ユハ・T・コスキネン:《星曼荼羅(ほしまんだら)》(2017-20)/No.1-3 Juha T. Koskinen: Hoshi Mandara (2017-20)/No.1-3 0:00 No.1: 大地―アリア - Maa-aria 2:44 No.2: 念 - NEN 4:24 No.3: 縁 - EN ピアノ:小川至 Piano: Itaru Ogawa 《星曼荼羅》 ―ピアノのための (2017-20)  全7曲のピアノ組曲《星曼荼羅(ほしまんだら)》は、2017年から2020年の間に書かれたものです。唯一の例外は、第1番〈大地―アリア〉であり、これは2012年に書かれました。  日本の密教における星曼荼羅は、中国の古い占星術に関連しています。私の作品においては、宇宙と星の配置は、音楽の歴史へのいくつかのヒントに置き換えられています。2つの明確な例としては、クララ・シューマンのピアノ曲《シューマンの主題による変奏曲》からの引用を含む〈縁〉と、バッハのコラール《深き困窮より、われ汝に呼ばわる》をバス声部に含む〈ファンダメンタ〉とがあります。さらにこの組曲には、私のこれまでの作品との関連が含まれています。最も確かな書き換えは、私のオペラ《サド侯爵夫人》のアリア〈ヴェニスの赤い月〉に関する〈念〉と、クラリネットのための《夢の伝達》の第3楽章と音楽的素材を共有する〈妙見〉(北極星を神格化したもの)である。最後の曲である〈虚空眼〉は、音楽における一種の原始星であり、作曲の過程において、他の多くの楽章のアイデアの発生源として機能しています。 ―ユハ・T・コスキネン "Hoshi Mandara" for piano (2017-20)  My piano cycle in seven movements Hoshi Mandara (星曼荼羅), "Star Mandala", has been written during the years 2017-2020. The only exception is the opening movement, 'Maa-aria' ('Earth-Aria') which has an origin from the year 2012.  The star mandalas of the Japanese esoteric buddhism (mikkyô 密教) are related to the old Chinese astrology. In my composition the role of the planets and star constellations is replaced by several hints to the music history. Two clear examples are the movement called 'EN' (縁, "relationship, destiny") which contains a couple of quotations from the piano piece by Clara Schumann "Variationen über ein Thema von Robert Schumann", and the movement called 'Fondamenta' which contains the Bach chorale "Aus tiefer Not schrei ich zu dir" in the bass voice. In addition the cycle contains connections to my earlier works. The most substantial rewritings are the movement called 'NEN' (念, "one's heart's desire") which is related to the aria 'Red Moon of Venice' from my opera "Madame de Sade" and the movement called 'Myôken' (妙見, "deification of the North Star") which shares the musical material with the third movement of my clarinet piece "Dream Transmission". The concluding movement 'Kokuugen' (虚空眼), "Empty-Space Eye", is a kind of musical protostar, which functioned during the composition process as a matrix of ideas for many of the other movements. ―Juha T. Koskinen 楽譜:ミュージック・フィンランド Publisher: Music Finland 1. 大地―アリア Maa-aria https://core.musicfinland.fi/works/maa-aria 2. 念 NEN https://core.musicfinland.fi/works/nen 3. 縁 EN https://core.musicfinland.fi/works/en
Ilmari Hannikainen: 2 Piano Pieces, op. 25 (1922)
05:11
ITARU OGAWA

Ilmari Hannikainen: 2 Piano Pieces, op. 25 (1922)

イルマリ・ハンニカイネン:2つのピアノ小品 (1922) Ilmari Hannikainen: 2 Piano Pieces, op. 25 (1922) 0:00 No.1: アルバムの綴り - Feuille d'album 2:35 No.2: ガヴォット - Gavotte ピアノ:小川至 Piano: Itaru Ogawa イルマリ・ハンニカイネン (1892-1955) イルマリ・ハンニカイネンは フィンランドの作曲家・ピアニストである。国際的な活躍を果たしたピアニストでありながら、作曲家としても多くの作品を残している。ハンニカイネンはフィンランド、ウィーン、ロシア、ドイツ、フランスなど西欧各地での学習を重ねた。ピアニストとしては、ロシアの巨匠アレクサンドル・ジローティの教えが大きく影響しており、その後もジローティとはピアノ・デュオとしても西欧各地を回る活動を行った。後にパリにてアルフレッド・コルトーの薫陶も受けている。フィンランドにおける教育活動にも深く貢献を果たしており、シベリウス音楽院設立当初からのピアノ教授を務めていた。彼のもとからは、エーリク・タヴァッシェルナ、ヨーナス・コッコネン、タパニ・ヴァルスタなど、次世代を担う重要な音楽家たちを輩出していった。作曲家としては、フィンランドにおいてはエルッキ・メラルティン、ウィーンではフランツ・シュレーカーに対位法を、ロシアではマクシミリアン・シテインベルクに師事した。 Ilmari Hannikainen (1892-1955) Ilmari Hannikainen is a Finnish composer and pianist. While he is an internationally known pianist, he was also an accomplished composer. Hannikainen studied in many parts of Western Europe, including Finland, Vienna, Russia, Germany, and France. As a pianist, he is strongly influenced by the teachings of the Russian pianist, Alexander Siroti. After that, he and Siroti also toured around Western Europe as a piano duo. Later, he studied under Alfred Cortot in Paris. He also made a significant contribution to education in Finland, where he was the first piano professor at the Sibelius Academy. His pupils include Erik Tawaststjerna, Jonas Kokkonen and Tapani Valsta. As a composer, he studied counterpoint with Erkki Melartin in Finland, Franz Schröker in Vienna, and Maximilian Stainberg in Russia. Publisher: Fennica Gehrman
Erkki Melartin: 3 Stücke für Clavier, Op. 8 (1899)
06:58
ITARU OGAWA

Erkki Melartin: 3 Stücke für Clavier, Op. 8 (1899)

エルッキ・メラルティン:3つのピアノ小品 (1899) Erkki Melartin: 3 Stücke für Clavier, Op. 8 (1899) 0:00 No.1: エレジー Elegie 1:46 No.2: ロマンス Romance 3:32 No.3: 夜 Nacht ピアノ:小川至 Piano: Itaru Ogawa エルッキ・メラルティン (1875-1937)  シベリウスの誕生から10年の後に生まれたメラルティンは、非常に広い範囲に及ぶ才能の持ち主であった。交響曲は未完も含め全9曲、ピアノ曲も250曲以上に加え、オペラ《アイノ》や、フィンランド初の充分な規模を持ったバレエ《青い真珠》も残すなど、旺盛な創作活動を見せた。その作曲様式は初期の民族的ロマン主義から、民謡の直接的引用、印象主義、表現主義など大きな広がりを見せている。  1911年から1936年まで25年間にわたり、ヘルシンキ音楽学校(現在のシベリウス音楽院)の指揮者と理事もを務めたが、思索的な面も持ち合わせており、自身の格言集である『我は信ず』(作品150)を出版し、また神智学と神秘主義にも傾倒した。 Erkki Melartin (1875-1937)  Erkki Melartin, born ten years after the birth of Sibelius, was a man of very wide range of talents. In addition to a total of nine unfinished symphonies and more than 250 piano pieces, he also left behind the opera "Aino" and the first full-length ballet "Sininen helmi" in Finland. His compositional style ranges from early National Romanticism to direct quotations of folk songs, impressionism and expressionism.  He was conductor and director of the Helsinki Conservatory (now Sibelius Conservatory) for 25 years from 1911, but he also had a meditative streak, published a collection of aphorisms "Credo" (Op. 150), and had a penchant for theosophy and mysticism.
Aarre Merikanto: 4 Piano Pieces, Op. 13 (1916-18?)
11:29
ITARU OGAWA

Aarre Merikanto: 4 Piano Pieces, Op. 13 (1916-18?)

アーッレ・メリカント:4つのピアノ小品 作品13 (1916-18?) Aarre Merikanto: 4 Piano Pieces, Op. 13 (1916-18?) 0:00 No.1 エレジー - Elegy - Elegia 3:54 No.2 ブルレスコ - Burlesco 5:38 No.3 夢 - Rêverie 9:33 No.4 ちいさなワルツ - Valse miniature ピアノ:小川至 Piano: Itaru Ogawa アーッレ・メリカント (1893-1958)  アーッレ・メリカントは作曲家、音楽教師であり、フィンランドの国民的作曲家オスカル・メリカントの息子である。ヘルシンキ音楽学校(後のシベリウス・アカデミー)(1912年初頭から同年秋まで)でエルッキ・メラルティンに作曲を学び、ライプツィヒ音楽院でマックス・レーガーに(1912年秋から1914年夏)、モスクワ音楽院でセルゲイ・ヴァシレーンコに師事した(1915年冬から1916年春)。メリカントはシベリウス音楽院の教師を務め、後に作曲科の教授に任命された。第二次世界大戦中に生まれたフィンランドの作曲家のほとんどが彼の教え子であり、彼の影響を強く受けている。  メリカントの最も重要な創作期間は1920年代で、多くの注目すべき作品を発表し、国際的な成功を収めた。この時期の彼の作風は、後期ロマン派、印象派、表現主義の要素を融合させたもので、当時のシベリウスよりもリズムの複雑さと和声的な半音性を強調したものであった。メリカントの同時代人たちは完全に調性内のイディオムで作曲していたため、フィンランドの聴衆たちには受け入れられず、彼の音楽はほとんど沈黙のうちに見過ごされてしまった。この時代の作品が評価され、演奏されるようになったのは1950年代後半から60年代に入ってからのことである。  メリカントは1930年代半ばに作風を激変させており、《キュリッキの誘拐》(1934)は彼のモダニズム期と国民的ロマン主義の時代との転換点となっている。様式の変化の理由は、それまでの作品が冷遇されていたこと、文化的な雰囲気の変化、メリカントの健康状態の低下などが関係していた。1940年代には主に小編成の音楽を作曲していたが、シベリウス音楽院の作曲科教授に就任したことをきっかけに、新たな関心を持つようになった。この頃にピアノ協奏曲第3番(1955)を残している。  《4つのピアノ小品》 (1916-18?)は作曲年代は明らかとされていないが、そのすべてが1918年に音楽出版社のヴェスタールンド社から出版されていることと、その作品の作風から推測されるに、恐らくロシア留学以降の作品であるとされている。 Aarre Merikanto (1893-1958)  Aarre Merikanto was a composer and teacher and the son of Oskar Merikanto. He studied composition at the Helsinki Music Institute (later Sibelius Academy) with Erkki Melartin (1912), completing his studies at the Leipzig Conservatory with Max Reger (1912–14) and at the Moscow Conservatory with Sergei Vasilenko (1915–16). Merikanto was teacher at the Sibelius Academy where he was later appointed Professor of Composition. Most Finnish composers born between the world wars were students of his, and his influence was strongly felt.  Merikanto’s most significant creative period was in the 1920s, when he produced many notable works and gained some international success. His style of this time was a blend of late Romantic, Impressionist and Expressionist elements, with a greater rhythmic complexity and harmonic chromaticism than the Sibelian tradition of the time. It met with bewilderment in Finland, and his music was largely passed over in silence as Merikanto’s contemporaries were working in strictly tonal idioms, and his Central European modernist style was unusual in Finland. Some works of this period began to be appreciated and performed only in the late 1950s and 60s.  Merikanto changed his style radically in the mid-1930s, and "Kyllikin ryöstö (The Abduction of Kyllikki)" (1934) is the turning-point between his modernist and national Romantic periods. The reasons for the stylistic change were connected with the cool reception accorded to his previous works, the general change in cultural atmosphere, and Merikanto’s declining health. In the 1940s Merikanto composed mainly small-scale music but later developed a new interest in composition after being appointed as Professor of Composition at the Sibelius Academy. At the time he wrote his Third Piano Concerto (1955).  The "4 Piano Pieces" are not dated as composed, but all of them were published in 1918 by the music publishing company, R. E. Westerlund. Considering the style of the work and the various information available, this was probably written after he studied in Russia. 出版社:フェンニカ・ゲールマン Publisher: Fennica Gehrman https://webshop.fennicagehrman.fi/page/product/nelja-pianokappaletta-4-piano-pieces-op-13/107192
Daryl Jamieson: "Sharding" for piano (2020)
03:19
ITARU OGAWA

Daryl Jamieson: "Sharding" for piano (2020)

ダリル・ゼミソン:sharding (2020) Daryl Jamieson: "Sharding" for piano (2020) ピアノ:小川至 Piano: Itaru Ogawa  ピアノ作品「sharding」は、2020年5月に逗子にて作曲された。ゼミソン氏曰く、ほぼ毎日1ページのピアノ曲を作曲し、ピアニストたちに1曲づつ渡しているとのこと。この「sharding」もまたそうした作品のひとつであり、ピアニストの小川至に捧げられた。  本作は非常にシンプルなカノンの構造を取っているが、繰り返される旋律は微妙な変化を伴っている。またその和声は邦楽器である笙が持つ和音(合竹)に基づいている。本作は、作品も始める前にピアノの低音をあらかじめ押さえ込んでおくように指示されている。これにより演奏時に開放された低音弦が共振し、独特な音響空間と佇まいを生み出すこととなる。  The piano piece "Sharding" was composed in Zushi in May 2020. The composer says he composes a one-page piano piece almost every day and gives it to the pianists one at a time. This "Sharding" is the one of those works, dedicated to Japanese pianist, Itaru Ogawa.  The work takes a very simple canon structure, but the repeated melodies are accompanied by subtle changes. The harmony is based on the chords of the Japanese musical instrument, the shô. This work is instructed to hold down some bass notes of the piano before the work begins. This creates a unique sound space by resonating the bass strings that are opened up when playing. ダリル・ゼミソン (1980- )  ダリル・ゼミソンは1980年にカナダのノバスコシア州ハリファックスに生まれる。カナダ、イギリス、日本で学び、現在は福岡と逗子を行き来しながら活動している。彼の芸術活動は、能楽、日本の伝統楽器、ニューヨーク・スクールにおける作曲の系統を実践的かつ理論的に研究してきたことに根ざしたものである。異文化芸術、共同制作、政治的・社会的環境に芸術を根付かせることに興味を持っている。2013年に異文化的な音楽に触れるための空間である「工房・寂」を設立し、自身の作品や同じ志を持つ作曲家の作品を発表する場を提供している。九州大学助教授。大阪の音楽出版社ダ・ヴィンチ・エディションとカナダ音楽センターから出版されている。  研究活動も並行して活発に行っており、京都学派の美学、現代音楽と精神性に関する論文を執筆中。2018年、第3回一柳慧コンテンポラリー賞受賞。カナダカウンシル、文部科学省、ヨーク大学などからの受賞、助成多数。 Daryl Jamieson (1980- )  Daryl Jamieson (MMus GSMD PhD Ebor) was born in 1980 in Halifax, Nova Scotia, Canada. He trained in Canada, the UK, and Japan, and currently splits his time between Fukuoka (in the west of Japan) and Zushi (in the east). His artistic practice is rooted in his practical and theoretical studies of Nō theatre, Japanese traditional instruments, and the New York School lineage of composition. He is interested in intercultural art, collaborative creation, and rooting art in the political and social environment in which we live. He founded the intercultural music theatre company atelier jaku in 2013 in order to provide a platform for presenting his own works and those of like-minded composers. He is an assistant professor at Kyushu University in Fukuoka, Japan. He is published by Da Vinci Editions in Osaka, and the Canadian Music Centre.  He is also active as a researcher, writing on the aesthetics of the Kyoto School of 20th-century Japanese philosophers, as well as contemporary music and spirituality. In addition to winning the 2018 Toshi Ichiyanagi Contemporary Prize, he has received grants and awards from the Canada Council for the Arts, the Japanese Ministry of Education (MEXT), the University of York, and the Society of Music Analysis, among others. ダリル・ゼミソン ウェブサイト: Daryl Jamieson website: http://daryljamieson.com/index.html
Väinö Raitio: Small Piano Pieces for Children, Book I (1923)
07:53
ITARU OGAWA

Väinö Raitio: Small Piano Pieces for Children, Book I (1923)

ヴァイノ・ライティオ:子どものためのピアノ小品 第1巻 (1923) Väinö Raitio: Small Piano Pieces for Children, Book I (1923) 0:00 No.1 ワルツ - Valssi - Waltz 0:23 No.2 少年のマーチ - Pikkupoikain marssi - Little Boy's March 0:50 No.3 輪舞 - Piiritanssi - Circle Dance 1:22 No.4 守り神 - Suojelusenkeli - Guardian Angel 2:32 No.5 けんけんぱ - Ruutua hyppäämässä - Square Jumping 3:15 No.6 お花摘み - Kukkia poimimassa - Picking Flowers 3:55 No.7 小さなお姫様 - Pikku prinsessa - Little Princess 4:55 No.8 町のちいさな警備隊のマーチ - Pienten suojeluskuntalaisten marssi - March of Small Civil Guardians 5:50 No.9 (posth) 小鬼の踊り - Peikkojen tanssi - Dance of the Goblins 6:49 No.10 (posth) 舟漕ぎ - Soutelemassa - Rowing ピアノ:小川至 Piano: Itaru Ogawa ヴァイノ・ライティオ (1891-1945)  ヴァイノ・エーリッキ・ライティオ (1891年4月15日、フィンランド大公国のソルタヴァラ生まれ、1945年9月10日、ヘルシンキに没する)は、1920年代にフィンランドの音楽界に現れた少数の作曲家の一人であり、保守的な民族的ロマン主義とは全く異なる新しいコスモポリタンな音楽様式を持っていた。  ライティオの作曲家としてのキャリアは、1920年代に8つの交響詩を発表したことで頂点を迎えた。アレクサンドル・スクリャービンの影響を受けていたが、彼のその作風は北欧の音楽界においてはあまりにも現代的であり、1919年に作曲された《白鳥》が、生前に出版された唯一のオーケストラ作品である。  ライティオは1930年代から1940年代にかけて、より小さなアンサンブルのための小さな作品に集中したため、作曲家としての地位は低下していった。しかし個人的にはオペラ作品を書くことに注力していた。現在でも、彼の5つのオペラについては、作曲家の手書き原稿からしか窺い知ることができない。 Väinö Raitio (1891-1945)  Väinö Eerikki Raitio (15 April 1891 in Sortavala, Grand Duchy of Finland - 10 September 1945 in Helsinki) was part of the small group of composers who appeared in the Finnish art music scene in the 1920s with a new cosmopolitan music style, very different from the dominant conservative National Romanticism.  Raitio's career as a composer reached its peak in the 1920s when eight large symphonic poems appeared from his pen. Influenced by Alexander Scriabin, his style was too modern for Nordic music circles, and his orchestral work Joutsenet (Les Cygnes - The Swans) of 1919 remained as his sole orchestral piece to be published (in 1938).  Raitio's profile as a composer slipped, as he concentrated on shorter works for smaller ensembles in the 1930s and 1940s. In private, however, much effort was made by the composer to write operatic works. Still today, his five operas are only known from the composer's hand-written manuscripts. 楽譜:エディション・ティリ Publisher: Edition Tilli https://www.editiontilli.fi/shop/cat/...